menu

スローモーション加圧トレーニング

2017年04月14日

 

 

本日の運動。8:00〜9:00

スーパースローモーション加圧トレーニング。

7:30くらいに、BCAA+G、シトルリンマレート、タウリンを摂取。

 

 

アブローラー 10回×3セット

サイドベント20kg 左右 10回×3セット

腕に空圧式加圧ベルト装着
装着圧 40sku 設定圧 170sku ☜ (拍動感が1番はっきり)

 

チェストプレス 60ポンド(約27kg)

1セット目 20回 インターバル 10秒
2セット目 10回 インターバル10秒
3セット目 5回

 

ラットプルダウン 60ポンド(約27kg)
1セット目 20回 インターバル10秒
2セット目 10回 インターバル10秒
3セット目 5回

 

ショルダープレス 40ポンド(約18kg)
1セット目 20回 インターバル10秒
2セット目 10回 インターバル10秒
3セット目 5回

 

アームカール 20ポンド(約9kg)
1セット目 20回 インターバル10秒
2セット目 10回 インターバル10秒
3セット目 5回

 

 

 

腕のベルトを外し、
脚に脚用の空圧式加圧ベルトを装着。

装着圧 80sku 設定圧 140sku ← 拍動感1番はっきり。

脚の3点セット × 10回ずつ 除圧
設定圧 + 20sku 加圧 脚の3点セット × 5回 除圧
設定圧 + 20sku 加圧 脚の3点セット ×4回 除圧
設定圧 + 20sku 加圧 脚の3点セット ×3回

本日の設定圧は、200sku に決定。

 

放置時間はほぼ3分ぴったり。

スクワット 50ポンド(約22.5kg)
1セット目 20回  インターバル 10秒
2セット目 10回  インターバル10秒

3セット目 10回

 

レッグカール 60ポンド(約27kg)

1セット目 30回 インターバル 10秒

2セット目 10回 インターバル 10秒

3セット目 10回

 

 

レッグエクステンション 20ポンド(約9kg)

1セット目 20回 インターバル 10秒

2セット目 10回 インターバル 10秒

3セット目 10回

 

 

カーフレイズ 100ポンド(約45kg)

1セット目 20回 インターバル 10秒

2セット目 10回 インターバル 10秒

3セット目 10回

IMG_1888 IMG_1889 IMG_1890

IMG_1891

今日もチェストプレスの重りを60ポンド(約27kg)にしました。

“超”軽量の負荷でも、スローモーションで動かせば、しっかり効かせられます。

で、負荷が軽ければ軽いほど、疲労感が残りません。(^o^)

 

今後の自主加圧トレーニングは、スーパースローモーションで動かし、どれだけ重りを減らせるのかに挑戦していきたいと思います。(^o^)

 

スローモーション加圧トレーニングを行うようになってから、重りが減らせて疲れが残らなくなってきたので、自主加圧トレーニングが楽しみになりました。

スローモーション加圧トレーニングと名ずけましたが、ただ単に重りをゆっくり上げ下げするだけのことです。

で、今ブログを書いていて、

スローモーション加圧トレーニング

に、

スーパー

をつけて、その名も

スーパースローモーション加圧トレーニング

って読んでみたら、あたかもものすごく画期的な加圧トレーニングの方法のように聞こえましたので、

これからは、

スーパースローモーション加圧トレーニング

と呼びますが、

ただ単に、”超”軽い負荷でしっかりしたフォームでキチンと筋肉を意識して、超ゆっくり動かしてしっかり効かせる。

そして、スーパーパンプアップを起こす。

で、疲れ無い。疲れが残らない。

これだ。これがスーパースローモーション加圧トレーニングだ!!!。

 

疲れが残らず、気のせいかな。さらにお腹が空かなくなってきたような気がします。

いつもの蒸し野菜丼が多過ぎるように感じるのです。

痩せちゃうから、満腹になるまで食べますけど、食事も徐々に減らし、

あくまでも、正午から20時までの間でですが、分食にしようかと考えていますが、食事のたびに歯を磨くのも億劫ですし、そもそもお腹が空かないので、結局はただ食事量が減るだけになってしまいそうです。(^o^)

 

 

9:00〜10:00

スローモーションジョギング

あたかも画期的なジョギング法なネーミングですが、ただ単に歩く速度でジョギングのフォームってだけです。(^o^)

今日も2kmを40分かけて走りました。

もしかしたら”走った”とは言えないのかもしれませんがね。(^o^)

 

1食目。14:00

蒸し野菜丼、味噌汁、海苔

IMG_1893

 

見ての通り、味噌汁の味噌の量は、ティスプーン1杯。

お湯を注いで出来上がり。(^o^)(^o^)

 

 

ここで、ちょっとした、お客様とのメールサポートのやりとりです。

お客様から、地獄の空腹感をどうしのげば良いのか?

と質問を受けました。

一言で結論を言ってしまえば、

果物や飲み物でしのいでください。

ですが、

クドクドと長々と説明させていただきました。(^o^)

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

おはようございます。
ご返信ありがとうございます。

身体に付いている余分な脂肪は、強酸性のため、エネルギーとして利用出来ません。

ですので、いくら運動しても、燃焼させることが出来ないのです。

まず、しなければならないことは、
“体脂肪の分解”
です。

人間の身体は食べ物を胃で、必要な栄養素を吸収出来る形に消化して、
必要な栄養素を腸で吸収します。

そして、必要な栄養素を取り、不要になった
老廃物を排泄
します。

で、次から次へと食べ物が身体の中に入って来ると、

消化も十分に出来なくなり、
必要な栄養素も吸収出来ず、
不要な老廃物も排泄出来なくなります。

で、排泄出来なかった老廃物は、どこに行くかというと、
体脂肪の脂肪細胞の中に一時的にストックされます。

夏の暑い昼間に、食べ残しの食べ物を密封された袋に入れて、何日も放置して置くと、
袋の中の食べ物は、
“腐敗”
しますね。

人間の体温は、
低体温の方でも35度以上。

人間の身体に食べ残しがあるということは、体内で腐敗しているってことなんです 。

その腐敗した強毒性、強酸性の物質が体内に循環しないように、身体は一時的に脂肪細胞の中にストックしておくのです。

で、その強毒性の強酸性の毒素を身体から出すには、どうすれば良いのか?
って話になりますが、
答えはとても簡単で、
身体に排泄に必要な時間を与えてあげれば良いのです。

具体的には、
消化の負担を減らしてあげれば良いのです。(^o^)

どのようにすれば、消化の負担が減らせるのか?
というと、びっくりするような言葉で表すと、
断食
です。

読んで字のごとく、
食を断つ
わけですが、

ちょっと具体的には、
半断食
っていう方もいらっしゃいますが、
1日の3分の2以上(16時間以上)を、断食してあげると、
消化の負担が減り、
排泄に必要な時間が確保出来ます。

で、16時間以上の間は何も口にしてはいけないわけではなく、胃の中での消化の負担を最小限にしてあげると良いのです。

口にして、胃の中を通過して、直接吸収される、
果物、スープやドリンクなどの飲み物は摂取OKです。
いくらでもOKです。

ですので、その16時間の間は、温かい飲み物などで、
慣れるまで、なんとかしのげると良いです。(^o^)

 

(^o^)

16時間以上、排泄出来る時間を確保してあげる。

 

古河トレーニング

営業時間:9:00~22:00(日曜定休)
最終受付20:00

0280-48-5672 web予約

古河トレーニング古河トレーニング古河トレーニング

1分でわかる古河加圧トレーニングの魅力
新規マシンも導入!
加圧トレーニング器具販売
友達追加

0120-206-403

0120-206-403

インスタグラム古河加圧トレーニング sowld
ページのトップへ